美容師になったきっかけ

こんにちは、ヘアデザインマートのりょうです!

なんか昨日急に天気悪くなってきましたね。。。
ヒョウが降ってきましたし。。。
変な天気でしたね。

今日のブログは美容師になったきっかけについて
書いてみようと思います。

目次

きっかけは些細なことでした

高校3年生の時に必ずやってくる進路。
大学、専門への進学か、就職かを迫られる時期。
正直やりたいことや、先のことなんて考えたこともありませんでした。笑

ただ、部活の先輩たちはいろいろ悩んでいたり部活にもこないで
大変そうだなという事しか頭になく、いざその場になってみると何をすればいいのかなど
全然考えもしなかったのを覚えています。

お客様にもたまに聞かれます。
なんで美容師になったんですか?
小さいころからやっぱりなりたかったんですか?と。

正直に言うと髪の毛のことなんてさらさら興味なかったです。笑
自分で髪の毛をセットすることなんてなかったですし
頭髪検査に引っかからなければそれでいいやって考えでした。笑

そして親に進路どうしようと相談した時に
『手に職があれば困らないよ』
と、言ってくれたのですが。。。

高校生で一般常識すらない僕が
手に職ってなに!?
ってなるわけですよ。笑

そうすると一言目に”美容師“というワードが出てきました。
その時に意味があったのかどうかはわかりませんが
僕も美容室に通っていました!
すごい軽い気持ちだったんでしょうね。笑
『じゃあそれでいいや。笑』
ということで美容の道に進むことを決めました。

行くと決めたら覚悟はありました

その頃に通っていた美容師さんにどこの学校がいいか
ずっとカットしてもらっていた佐藤さんに
お勧めを聞いてオープンキャンパスに行きました。
高田馬場と柏を勧められて両方いったのですが
高田馬場に関しては行くだけで遠いと感じたのに
これを毎日通学するのは大変だと感じたので選択肢から外れました。笑

そして柏の美容学校。パリ美容専門学校に入学しました。
入学して気がついたこと。

まずほんとに自分がここにきていいのかという気持ちと
楽しみ、緊張。いろんな気持ちがごちゃごちゃになり
めっちゃ手汗かいてました(;_;)

おまけに人見知りというもうどうしようもない状況でした。笑

美容学校でも色々ありましたが
なんとか無事に卒業して働いて感じたことは

アルバイトも美容師にちゃんと関係あるような
接客のアルバイトにしてピザーラで接客と電話
居酒屋では特に年上の方が多いのでその方達に対しての
接客、お酒が入っているので丁寧に接客しないと提供スピード、立ち仕事、次になにすれば早いか等
自分でも考えながらやってました^_^


働きはじめの時は居酒屋でのことは
かなりの経験値だなと自分でも思います。
今の自分があるのは確実に居酒屋から始まったと思います。
そしてマートで働いてさらに成長したと思います。

後々わかったことなのですが
お母さんは元々美容師だったそうで、、、笑
これはもう運命だったのですかね( ̄∇ ̄)

今日も頑張っていきたいと思います(*^^*)

こちらは僕のInstagramになります!
フォローしていただいていいねやコメントただけると嬉しいです!!
たまに空き情報だったり発信するかもしれません!!

https://www.instagram.com/marthair.ryo/?hl=ja

僕専用のお店のラインになります。
ご予約やお得なラインが送られてきたりするので、是非友だち追加指定いただいて
お名前を送っていただけると助かります(*´ω`*)

https://line.me/R/ti/p/%40dhl8290f

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

川村綾(りょう)です。

ボクは今までに人に携わる仕事を複数してきましたが美容師が一番楽しいと思いました。
”ありがとう”を言われるのはとても嬉しいです。

今までの経験を活かしてこれからも日々成長していきたいと思いますので今後ともよろしくお願いいたします。

目次
閉じる