収まりがよく、スタイリングしやすいショートスタイル

こんにちは、ヘアデザインマートのりょうです!!
あっという間に5月になってしまいました。
あと1ヶ月も経てば1年の半分が終わってしまいますね。笑
時間を大切に使っていきたいと思います。

目次

多毛でもスッキリ見えるショートヘア

最近ではショートカットの方が増えてきてる印象です。
それはお店だけでなく、周りを見てもそう思います。
流行りがあるというのも事実だと思いますが
そうするとオーダーも増えてきます!

そこで担当させ頂いてるお客様で、限界まで軽くしても
しっかり収まってスッキリ見える。
なおかつ、自分でもスタイリングしやすい。
そんなスタイルを紹介していきたいと思います。

まずはbefor
髪の毛が多いのと硬毛なので結構軽くしますが
髪型の形はしっかりしたいので、影響が出ないように、
そしてセニングでやるんですが、あまりやりすぎると極端に長さが
なくなってしまうので、そこも考えながらカットしていきます。

afterとカットで意識していること

先にafterを出してから意識してることを書いていきたいと思います。

・まずは襟足の長さと収まりを考えてカットしていきます。
 今回はぎりぎりのラインより気持ち長めでとの要望だったので
 そこを外さないように。
 なおかつ、収まって軽くしていきたいと思います!

なので、目標の長さより長めに切って
軽くしてから微調整していくのですが
そこはシャンプーしたら上がったりするのである程度カットして
次に進んでいきます。

・後頭部のところで意識しているのは
 後ろと横から見たシルエット、ボリュームの位置です。
 見えないからと言って適当にやるわけでもないですし
 自分でやっても乾かすだけでも綺麗になるようにしたいので
 そこはしっかり意識していますし
 お客様にも、乾かし方を説明しています!

・サイドは長さの設定に間違えがないように。
 そして乾かしたら少し上がることを考えて先にカットします。
 後頭部のボリュームの位置から前下がりになるような形でカットします。

りょう

全体的に繋がりが大事ですね

ここもしっかりと顔まわりが収まるようにカットすることによって
小顔効果も(*^^*)
そして耳にかけるにしても良いように軽くしておきます!

表面はセニングを入れるとピンピンした髪の毛が
たくさん出てくるので良くないと言われています。
(毛先のみなら問題はないです。)
なのでハサミで表面は軽くしないですが
表面の髪の下側を少し削る事によって表には影響が出なくて
なおかつ更に軽く。そして束感が出るようになります!

そうするとご自身でスタイリングする時に
オイルを付けて手ぐしを通すと
自然な流れの束ができて、お店での再現がしやすいです!!

あとは自分の好きなように動かしたいところを
アイロンしたりコテでいじったりも、もちろんできます!

時間がなかったり、ぱぱっと済ませたい方は
かなり楽ちんですね\(^o^)/

次はボブスタイルを載せてみようかなと思いますので
楽しみにしていただけるとうれしいです(^o^)

こちらは僕のInstagramになります!
フォローしていただいていいねやコメントただけると嬉しいです!!
たまに空き情報だったり発信するかもしれません!!

https://www.instagram.com/marthair.ryo/?hl=ja

僕専用のお店のラインになります。
ご予約やお得なラインが送られてきたりするので、是非友だち追加指定いただいて
お名前を送っていただけると助かります(*´ω`*)

https://line.me/R/ti/p/%40dhl8290f

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

川村綾(りょう)です。
ボクは今までに人に携わる仕事を複数してきましたが美容師が一番楽しいと思いました。
”ありがとう”を言われるのはとても嬉しいです。
今までの経験を活かしてこれからも日々成長していきたいと思いますので今後ともよろしくお願いいたします。

目次
閉じる