グレイカラーはお洒落カラーになりますよ!

こんにちは!!

ヘアーデザインマートスタイリストの佐藤です。
以外にあっ というまにGWも終わり、毎日の温度差についていくのが
大変ですが、みなさん体調は大丈夫ですか?

今回はカラーリングについて少し書きたいと思います。
みなさんはカラーリングはしてますか?

目次

みなさんは日本の女性の何割の方が染めてると思いますか?

自分は日本の女性の6~8割の女性が染めているイメージですが、実際は
少し前のデータですが約6.5割の方がヘアカラーをしていて
その中で美容室に行って染めてる方は6.6割でヘアカラーの人工数では1855万人
の女性が美容室でヘアカラーをしている。
40~60代がボリュームゾーンでグレイカラーのお客様が多い

白髪染め(グレイカラー)と普通のカラー

個人的には白髪染めの薬は白髪を染めるための薬で普通のカラーは黒髪やブラウンな髪を
明るく染める薬なイメージです。
2つのカラー剤にはメリット・デメリットがあって
白髪染め(グレイカラー)

白髪がきれいに染まる
色素が濃い

明るくならない
黒髪の染まりが濁る
一度白髪染めをすると、明るくしにくい

普通のカラー(ファッションカラー)

明るく染まる
発色が綺麗
透明感もでる

白髪は浮きやすい
色が抜けやすい

などかんたんに書くとこんな感じです。
メリット・デメリットがはっきりしています。

最近、白髪が気になるんですけど

よく聞く言葉ですね。
お客様とのやり取りで

佐藤のアイコン画像佐藤

白髪をしっかり隠したいか?
明るくしてぼかしたいか?

お客様のアイコン画像お客様

白髪がすぐ出てきて気になる
暗めの色でヘアスタイルが重い印象
カラーの選択肢が少なく感じいつも同じカラー
赤みの強い色になりやすくアッシュ系にしてみたいがきれいに色が出ない
明るめの色で柔らかいお洒落カラーを楽しみたい
もっとカラーの周期を長くしたい

佐藤のアイコン画像佐藤

白髪をカバーするとどうしても濃い暗い色になりやすい
カラーリングが楽しめない
暗くすることでリタッチ部分がしっかり出てしまい逆に目立ってしまう
カラーリングもそうですが白髪染め(グレイカラー)の染め方は
今たくさんあるのでしっかりカウンセリングさせていただきます。

白髪染め(グレイカラー)のおススメは?

お客様の環境(仕事など)にもよると思いますが、

どうしても白髪は増えてくるので状況を見ながら長期的に少しずつ
明るくしていくのをおすすめします。

ハイライトカラー、ローライトカラー、などをいれるとリタッチ部分が馴染んだり、白髪をぼかしたり
立体感もでるのでおすすめです。

今、カラーリングは種類、手法などたくさんあります。
マートではお客様一人ひとりにあったやり方で施術させていただきます。
次回、上で話が出たハイライトについて書きたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事を書いた人

こんにちは、マートの佐藤です。
学生時代、野球少年で坊主だった1人の少年が高校の時
初めて美容室に行き担当してくれた美容師さんに憧れて美容師になりました。自分はクセ毛なので美容室に行っても次の日など思うようにならないこともありました。

その経験もあり、美容室でやった仕上がりを家でも再現してもらうということに強いこだわりをもっています。

そしてお客様一人に合わせた似合わせ、今の可愛い、キレイ、カッコいいを提案させていただきます。
是非、指名でのご来店をお待ちしております。

目次
閉じる