1年中紫外線はいますよ!!

こんにちは、ヘアデザインマートのりょうです!
今日は生憎の天気ですね(T_T)
これからだんだんともっと寒くなってあっという間に冬になってしまいますね。
体調管理だけは気をつけていきたいと思います!
みなさんもお気をつけくださいね。

目次

暑さが落ち着いても油断大敵です

日中の日差しが少しづつですが落ち着いてきて多少の暑さが
和らいだ気がします。
だたそこでも髪の毛の天敵になってくるのが紫外線。

紫外線の強さは季節や天気、時間帯によって変わります。季節では4月~9月頃、時間帯は10時~14時頃、曇りの日より晴れた日が強くなります。


実際に紫外線がもっとも強くなるのは、晴れる日の多い7月~8月にかけてが多いです!

紫外線には波長の異なるUV-AとUV-Bがあります。 このうちUV-Aは真皮まで達し、肌の弾力が失われてしまいます。
UV-Aは雲やガラスも通過して一年中降り注いでいるため、曇りの日や室内でも油断できません。一方、表皮にダメージを与えるUV-Bは、日焼けで肌が赤くなったり黒くなったりする原因となるもの。肌の炎症や乾燥などを引き起こします。
曇りの日でも晴れた日の7割程度降り注いでいます。したがって、曇りの日や室内でも紫外線対策は必要です。

日焼け止めのSPF値が高いほど日焼け防止効果も向上しますが、肌への負担も大きくなります。

簡単にUVカット

日焼け止めも基本的に塗るタイプが主流になっていると思います。
上記でも書いたように日焼け止めも使い方をしっかりしないと
ただ強い日焼け止めを使っていても肌にもあまり良くないです。
数値によって使い方を分けてみました。

  • SPF30~50+・PA++++:海やプールなどのレジャー、炎天下でのスポーツなど
  • SPF20〜30・PA++前後:屋外での簡単なスポーツなど
  • SPF10~20・PA+~++:家事や短時間の買い物などの日常生活


使い分けるのも大変だとは思いますが、気になってもし毎日使ってる方や
頻繁に使う方はこれを見て参考にしてほしいです。
たとえ夏でなくても紫外線はいますし、肌に影響を与える場合があります。
それは一回ではあまり意味ないかもしれませんが
塵も積もれば山となるです。

その一回が重なり続けていくと。。。
と考えると嫌ですね(T_T)

じゃあ髪の毛は?

美容師なのにお肌の話だけしていても。。。ね?笑

ここで登場しますのは・・・

ミーファ、MIEUFA、みーふぁです!!!

夏の時期にも紹介させて頂いたものなんですが
ここでまた紹介させていただきます!

なんでまた今なのか。それはですね。
特に小学生のお子様がいる方はこの時期、来月くらいに
子供の一大イベント『運動会』がありますよね?
この時期だと気温も天気も曖昧で更にお弁当作ったり子供のことやって
家のこともやって大変な特にお母さん!!

日焼けも気になるけど時間がないからいいやって方も少なくはないと思います。
そこで!!!

スプレータイプのUVスプレー。
そして匂いもいい匂いばかりでなんと全身に使えます!!

髪の毛はもちろん、肌や顔、足等全部使えます!

SPF50+
PA++++としっかり強めです!
主に髪の毛メインでしっかりかけていただいて
お肌は少し離してかけてあげるといいですね!

数値は高めですが、日焼け止めクリームみたいに塗って浸透させるわけではないので
そこまではお肌にも悪くないと思います!

1年中使えるのでなかなか優秀だと思いますし
匂いの目的でも全然いいと思います!
そのついでに紫外線を防止してくれてるという考え方もありますね(^o^)

お出かけ前などすぐに使えるように
玄関においておけば時間がなくてもすぐ使えますね(^^)

お店においてありますので運動会前のこの時期にいかがですか?

今は営業中にカットをやらせいていただいているので是非ご予約お待ちしてます!

基本カット、カットスパ、カットカラーになります。
あとはお店のHPから僕専用のクーポンがございますのでそちらから空き時間とご都合のいい時間を照らし合わせていただいて
ご予約いただけるとありがたいです!

ご協力よろしくおねがいします。
下記のLINE@から友だち追加、お名前を送っていただけるとありがたいです。
お得なクーポンも配信するときがありますのでお楽しみに(^^)

https://line.me/R/ti/p/%40dhl8290f

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

川村綾(りょう)です。

ボクは今までに人に携わる仕事を複数してきましたが美容師が一番楽しいと思いました。
”ありがとう”を言われるのはとても嬉しいです。

今までの経験を活かしてこれからも日々成長していきたいと思いますので今後ともよろしくお願いいたします。

目次
閉じる