髪の毛について調べてみるとなかなか面白いですね

2020 5/08
髪の毛について調べてみるとなかなか面白いですね

こんにちは、ヘアデザインマートアシスタントのりょうです!
連休だった昨日一昨日は天気悪かったのになんで今日は天気がいいんですかね。。。笑
別にどこか行ったわけでもないのでいいんですけど
まぁ気持ちの問題なんですけどね。笑

目次

髪の毛について

人間の髪の毛はだいたい約10万本と言われています。
1つの毛穴から基本は2~3本。
髪の毛が多い人、多く感じる方だともっと生えていたり、
または1本1本が太い髪の毛なのだと思います。

そして1ヶ月1cm伸びて、1日50~150本ほど抜けます。
多少の個人差はあるとは思いますがこう言われています。
過剰のストレス、頭皮のトラブルがあると1日200本以上抜けると言われています。

でも実際何本抜けてるかなんて自分じゃあんまりわからないですよね。
一気に抜けるならわかるかもしれないですけど自分の髪が一気にたくさん抜けたら怖いですもんね。笑

髪の毛のサイクル

1本の髪の毛が生まれてから抜けるまでには5つの時期があります。

  • 成長期(3~5年)
  • 退行期(2~3週間)
  • 休止期(数ヶ月)
  • 脱毛・新生期

毛乳頭とはなんですか?

りょうのアイコン画像りょう

毛乳頭とは、毛細血管から酸素や栄養を取り入れ、周辺組織に受け渡たしたり、コントロールする役割を持っているものです。
髪の毛の成長から脱毛まで重要な役割をしています。

この毛乳頭が髪の毛の活動元であり重要なんです。
これが活発に活動して髪を成長させるのが成長期。
活動が弱くなり毛球部が徐々に小さくなるのが退行期。
毛乳頭の活動が休止する時期がそのまま休止期。
毛乳頭が再び活動をはじめ新しい髪が作られ、古い髪が新しい髪によって押し上げられ、自然脱毛するのが脱毛・新生期。

りょうのアイコン画像りょう

上記の通り、目には一般的には見えませんがそういう細胞があって
髪の毛が生えたり抜けたりしているんですね!!

髪の毛を守るキューティクル

キューティクルとは髪の毛でも皆さんも触れる髪の毛1本1本の表面のこと。

前回のブログにも少しだけ書かせていただきました。

あわせて読みたい
これからは美容のことも書いて行こうと思います!!
これからは美容のことも書いて行こうと思います!!こんにちは、ヘアデザインマートアシスタントのりょうです!今日も天気が良くて半袖短パン、解禁してしまいました。笑だいたいいつもこの時期に衣替えみたいな感じにな...

ポイント

  • キューティクルはケラチンタンパクという物質でできています。
  • キューティクル同士はCMCで接着されています。
  • キューティクルは5~6枚重なっています。毛根から毛先に向かって、たけのこの皮のように上を向いて重なっています。
  • キューティクルが整っていれば、指で触った時にツルツルしています。逆にガサガサであれば、キューティクルがはがれ、髪にダメージがある証拠です。

実際カラーやパーマ、アイロン等をしていなければダメージはそんなにないですが、
ドライヤーの熱や日光、乾燥でもダメージは与えてしまいます。
それが蓄積していくとパサついたり引っかかったりしてしまいます。

じゃあどうすればいいんですか??
なにかしたほうがいいんですか?

りょうのアイコン画像りょう

まずおすすめは、やはりトリートメントですかね。
できればですが、普段使われているシャンプーやトリートメントを
美容室で売っているやつをもちろんおすすめしますが
それはちょっと、、、
という方にお勧めなのが、普段お店でも必ず乾かす前につけている
インナーCMC!
仕上がりもよくて匂いもいいんです!!
これはたくさんのお客様も愛用してくださって
高評価です!!

お店にも200mlと1ℓございますので気になった方は気軽に聞いてください(^^♪

お店でも使用しているスプレータイプ
詰替え用の1リットル

※無理に売ったりといったことは一切しませんのでご安心ください。

髪の毛のこともこうやってブログに書くと自分の頭にも入ってくる気がします。笑
お客さんに聞かれてもしっかりこたえられるように勉強したいと思います!笑

カットモデルも随時募集していますのでお店にお電話していただいても構いませんし
僕に連絡してくださっても構いません。 あとはお店のHPから僕専用のクーポンがございますのでそちらから空き時間とご都合のいい時間を照らし合わせていただいて ご予約いただけるとありがたいです!
ご協力よろしくおねがいします。

あわせて読みたい
No Image
LINE Add Friend

この記事を書いた人

川村綾(りょう)です。

ボクは今までに人に携わる仕事を複数してきましたが美容師が一番楽しいと思いました。
”ありがとう”を言われるのはとても嬉しいです。

今までの経験を活かしてこれからも日々成長していきたいと思いますので今後ともよろしくお願いいたします。

目次
閉じる