どんな髪質でも悩みは尽きないですね

こんにちは、ヘアデザインマートアシスタントのりょうです!


緊急事態宣言も他の県では解除されているのに自分の住まいの方で解除されてないと
今も、営業停止せざるを得ない方たちは本当に嫌な気分でしょうし焦ると思います。
少しでも早く解除せれてコロナが早くなくならないかなと思います。

目次

髪質の基準・決まり方

  • 髪の硬さ
  • やわらかさ
  • そしてクセ

髪質は当たり前ですが人それぞれ違います。
柔らかかったり、硬かったり、まっすぐだったりうねうねしてたりと
人によって髪質は様々です。

大体の方は他人の髪質なんて興味ないと思いますし
自分には関係ないから知る必要もない。
それはもちろんそうです。笑

僕だって就職するまでそう思っていたんですから。。。笑

一般的な髪質の特徴

剛毛の方の特徴

一般的に硬い髪質というのは、キューティクルがしっかりしていて、髪の内部のタンパク質もぎっしり詰まっています。
『剛毛』と言われる場合はこれに当てはまります。
髪を触ると、ハリ・コシ・ツヤがあり、丈夫で健康的。
ただ、パーマがかかりにくい。束感が出にくくなる。
また、重たく見えてしまう。重たく見えてがち。
こういう悩みもこの髪質だからこその悩みです。

猫っ毛の方の特徴

猫っ毛は剛毛の方の逆。
キューティクルが薄く、髪の内部のタンパク質の密度も少なめです。

ふんわり素直な髪質で扱いやすいかと思いますが実は
それはそれで悩みなんです。
ボリュームが出ない。ボリュームを出すのに手間がかかる。
何もしないとぺたんこになってしまう。

直毛の方の特徴

直毛かくせ毛かは、髪内部のタンパク質のバランスによって左右されます。
硬い部分と柔らかい部分が同じくらいの量なら直毛になります。

直毛の方だって悩みもありますよね。
直毛の方は重めに見られがちだったり、ヘアアレンジがうまく行かなかったりと。。。
パーマもかかりにくかったり取れやすかったり人様々です。

一方、髪の構造がどちらかに偏ってるとクセが出てきます。
クセのことは過去記事に書いてありますので、よければご覧になってください(*´ω`*)
https://mart-hair.com/archives/6835

自宅でも意識すれば変わります

普段から自分の髪の毛を理解していて、どうしていけばいいのか。
するのとしないのとではやはり違いますので騙されたと思ってやってみるのも1つですね。

剛毛の方は髪の水分が不足すると、より硬くなってしまいます。
なので、保湿をしっかりしてあげて、市販でも売っている、保湿力の高いシャンプーやトリートメントに変えてみてもいいかもしれません!

ドライヤーを使う時は、温度設定を低めに設定して8割くらい乾いたら
冷風で仕上げてあげるとよりいいです!
乾かす前につけるトリートメントをつけて、保湿のためのヘアケアを
しっかりつけてあげてくださいね!

猫っ毛の方は柔らかい髪質の方がおいです。そのため、ボリュームに悩みを
抱えている方が多いと思います。

一番簡単なのは、トップにカーラーを巻くこと。
カーラーをしながらなにか作業もできるので一石二鳥ですね!
あとは、普段分けている分け目を変えて見ると立ち上がりが良かったりするので
一度お出かけする前の日とかにお風呂に入る前に練習してみていいかもしれませんね。

くせ毛の方がやりがちなのが真っ直ぐにしたいからと言って
たくさんブラッシングしたり、ブローをたくさんすると逆に傷んで
クセが強くなってしまう
かもしれませんので目の粗いブラシをおすすめします!
あとはトリートメントをして髪をコーティング、保湿することで
多少のうねりは落ち着く
と思います!

家で実践して見てください!
家で少しひと手間加えるだけで扱いやすくなったり
なんかいい感じ!
と思えるような毎日だったらいいですよね!

カットモデルも随時募集していますのでお店にお電話していただいても構いませんし
僕に連絡してくださっても構いません。
あとはお店のHPから僕専用のクーポンがございますのでそちらから空き時間とご都合のいい時間を照らし合わせていただいて
ご予約いただけるとありがたいです!

ご協力よろしくおねがいします。

https://line.me/R/ti/p/%40dhl8290f

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

川村綾(りょう)です。

ボクは今までに人に携わる仕事を複数してきましたが美容師が一番楽しいと思いました。
”ありがとう”を言われるのはとても嬉しいです。

今までの経験を活かしてこれからも日々成長していきたいと思いますので今後ともよろしくお願いいたします。

目次
閉じる